バツイチ40代女性の多くが貧困層という統計結果

MENU

バツイチ40代女性の多くが貧困層という統計結果

40代でバツイチの女性は

 

日本の社会は、女性が一人で生きて行くには厳しい社会です。

 

看護師とか、美容師とは、教員とか、資格に守られた職種について就いていれば、別でしょうが、概して、給与の面でも昇給昇格の面でも恵まれていません。

 

とりわけ、家庭の主婦だった40代女性が、離婚してバツイチとなった場合、世間の視線だけでなく、就業に関しても厳しい風が吹いている現状です。

 

新聞で、独身女性の大半は、貧困層という統計結果が載っていました。
バツイチの母子家庭では、特に40代女性では教育費もかさみ、生活のやりくりは、一層厳しいと思います。

 

安泰だったかっての家庭の主婦という座を思い返しても詮無いことと、昼夜のパートに多忙な日々のなか、無理に無理を重ねて、病魔に倒れる姿が、風の噂で、定年退職した私の耳にも入ってきます。

 

行政の社会保障は生活保障、手厚く支えて欲しいものです。

 

広いはず人生の場を広く生きるには、何といっても、現実的には経済的力が不可欠で、金銭が人生の翼をもぎとり、狭い人生に閉じ込める現状にこそ、政治の力の出番です。

バツイチ子持ち40代女性の生き方

最近は離婚するカップルというのが4組に1組と高い割合なので、ご自身の周囲でもお友達や親戚など離婚をしたというケースを耳にする機会が増えているのではないでしょうか。

 

離婚をした後に子持ちのバツイチになり、シングルで一生懸命に子育てをがんばってきた40代の女性が、成人する、大学生になり自立するなどお子さんの年齢が落ち着いてから新たに再婚をして新しい人生を歩むというケースも多いようです。

 

バツイチで子持ちの女性が再婚をする場合は、お子さんが新しいお父さんに馴染むかどうかというのが大切になってきますから、お子さんが精神的に自立する年齢というのが再婚をするひとつのタイミングとして考えられるのかもしれませんね。

 

離婚をしたからもう二度と結婚はごめんだと、シングルのままバリバリと仕事に打ち込むというタイプの女性もおられますが、このようなタイプの女性もまた、お子さんが小さいうちは生活と仕事の両立で精一杯だったけれども、40代になりお子さんが大きくなるにつれて自分の時間が持てるようになり、ご自身のキャリアの見直しや新しい仕事への意欲などを持ち始めるという時期でもあるようです。

 

バツイチシングルの女性は働きたいと思っても、お子さんが小さいうちは、子持ちだと時間の融通が効かないので、就職をするにも断られてしまうケースがあったかもしれませんが、40代でご自身の時間ができるようになれば、キャリアアップのために自分に投資できるチャンス、今まではお子さんのためと精いっぱい頑張ってこられたのですから、これからはご自身の人生について改めて考えてみる時期なのかもしれませんね。