40代女性の仕事の形

MENU

40代女性の仕事の形とは

40代女性の仕事へ取り組み方

 

40代になると会社勤めでキャリアや技術を習得し、独立をして起業をするという方もちらほら増えてくるようになります。起業というと何か特別なこと、お金がかかるというイメージがありますが、生活費はバイトで稼いで、自分の趣味や好きな事などを仕事として一人で行うという事もひとつの働く形です。

 

例えば、お料理が趣味の女性がご自宅の一部を改装して自宅でお料理教室を開く、ある程度の数の生徒さんを集めるためにホームページや広報誌で広報をする、材料費や参加費を計算し、ある一定の黒字が出るように工夫をする。

 

または、障害を持つお子さんを援助するための非営利団体が少ないので、自分で団体を立ち上げて、困っている親御さんの手助けをしたいなど、フリーで独立をして仕事をすると一言で言っても、様々な働き方があります。

 

40代の女性の働き方にも様々あり、子供のために生活費を稼がなくてはいけないという方もおられますが、趣味を生かしたい、一人でどこまでできるかチャレンジをしてみたいという理由でフリーで始めるという方もおられます。

 

40代の時期の女性というと、仕事のキャリアも脂がのってきて、体力もあり、お子さんも大きくなってきて自分の力を試す事ができるよい時期だとも言えるかもしれませんね。

40代からの女性の仕事の選び方

お子さんがおられる40代の女性の場合は、やはり子供や夫の生活が第一でご自身のキャリアや仕事の希望は二の次と考えてしまう方が圧倒的に多いですよね。

 

40代の女性が仕事をしたいと思っても、お子さんの塾の費用、少年野球の送り迎えをしてやるためには3時までしか働けない、子供が学校から帰ってくる時間には家にいてあげたいなど、ご自身の理想や家族の希望などで制限が出てきてしまう事も多いですよね。

 

しかし、お子さんはいつか立派に独立して家を出て自分の家庭を築いていくことになりますから、60歳、もしくは65歳まで現役で働ける仕事にはどんなものがあるのかなど、将来を見据えてご自身のキャリア形成の事を考える、ご家族の幸せも大切なのですがご自身のキャリアも大切です。

 

ご家族の希望や理想もありますが、お子さんが成人するまでの限られた数年の期間だけのことだと割り切って、この期間をうまくやりくりをしてその後の夫と2人だけの生活になった時にどうありたいかを仕事の選び方でも考えていきたいですね。

 

現在の職種でキャリアアップをはかっていきたいのであれば、必要な資格を取得する、能力アップのために効率を考える、転職するなど様々なアプローチがあります。

 

また、自分は夫の収入で充分にやっていけるから、仕事は補佐に徹して、好きな時に好きなだけしか働かないというのも40代女性の働き方の選択肢のひとつです。ご自身がなりたい理想の女性を頭に描いて、それに近づくために一つずつステップアップをしていくようにしましょう。

40代からの女性の転職や仕事の選び方

子育てがひと段落する40代から仕事を探し始める女性も多いようで、転職サイトなどでも勤務時間の融通が効く、女性が働きやすい職場などという条件で仕事を探せるサイトも多く存在します。

 

40代の女性の転職で気を付けたい事は、日本ではまだまだ経験ではなく年齢だけで判断をするという人が多く、人を選ぶ立場にいる管理職の中年男性の好みがダイレクトに反映されてしまいやすいという事です。

 

仕事に応募をしてもうまくいかないケースもありますが、選ぶ会社側が、応募者の能力ではなく見た目や若さで選ぶという事も多いので、仕事に応募をして落ちたとしてもご自身を責めすぎて気を落とさないように注意をしましょう。

 

また、正社員で事務でしか働かない!と範囲を絞ってしまうのではなく、週2でアルバイトをして、週3で嘱託の事務をするなど、柔軟性を持って仕事について考えるというのも40代の働き方のポイントです。

 

キャリア形成をするためには給料の安いA社で働く事が理想だけれども、生活費が足りないからB社でアルバイトをするなど、非正規雇用が多い昨今では、働く形にこだわらないというのも40代女性がいきいきと働くためのひとつの方法なのかもしれません。

関連情報