40代独身女性の一人暮らしの悩み

MENU

40代独身女性の一人暮らしの悩み

40代独身女性の一人暮らしの悩み

 

40代の独身女性の中には、親御さんも70歳代に突入してくるため、他のご兄弟などがおられない場合には、田舎に戻るかこのまま働きやすい都市部に残るかの岐路に立っているという方もおられるかもしれません。

 

既婚、独身を問わず、親元を離れて一人暮らしをしている方にとっては、親元に戻って同居をするかどうかの選択は、40代というこの時期に直面する大きな問題でもあります。

 

40代の独身女性の場合は、まずはご自身のライフプランを見直しして自身の老後までの生活はどのように支えていけるかを計算し、その後、親御さんの希望を聞いてから、親のライフプラン設計の手伝いなどをしてあげるようにしましょう。

 

介護サービスの仕組みは複雑ですから、ご自身だけで調べていると、この介護サービスは受けられるかがわかりづらいですから、まずは行政の窓口に相談に行って老齢のお父様お母様の手助けになるようなプランがないか情報を仕入れてみましょう。

 

その上で、やはり同居をしてあげたほうが良いのか、それとも行政サービスを利用して一人暮らしのまま遠くから支えてあげるほうが良いのかを検討しましょう。

 

実家に帰って親と同居をすれば、毎月の家賃の支払いの負担がなくなりますが、その代わりに仕事を変わる、親の介護を行うなどの負担があるという点も考慮する必要があります。

 

独身女性の方は親御さんの老後の問題もありますが、ご自身の老後のこともしっかりと考えた上で、一人暮らしを続けるか同居をするかを考えていきたいですね。

賃貸か購入か40代独身女性の一人暮らし

40代独身女性の一人暮らしの悩み

 

とくに結婚の予定もなく一人暮らしをしている40代の独身女性は、この先マンションを買うべきか、それとも賃貸で過ごすべきか悩む時期というのがありますよね。

 

マンションを購入すると頭金を用意しなくてはいけない、気軽に引っ越しができないというデメリットがありますが、賃貸と同じようにお金を払っていくと数十年のローンを払い終えるとご自身の財産として残るというメリットがあります。

 

親御さんの介護などで将来は田舎に帰る、または定年を迎えたら違う土地に移りたいと考えている一人暮らしの独身女性の方の場合は、マンションの購入をするよりも賃貸で過ごし、定年になった時点で終の棲家である家を購入するほうが良いというケースもあります。

 

40代独身女性は、各個人によってライフプランやご自身の老後、ご家族の介護の有無などが違いますから、ご自身の場合はどのような形が良いのか一度よく考えてみて、一人暮らしを賃貸で過ごすか購入をするかを比べて考えてみましょう。

 

40代というのは人生のひとつの節目であり、人生の折り返し地点である年代ですから、これから先のことや、ご自身のやりたい事などをあらためて整理してみると良いかもしれませんね。