40代の産後はきちんとしたシミ対策が必要

MENU

40代の産後はきちんとしたシミ対策が必要

40代の産後はきちんとしたシミ対策が必要

 

40代の産後に心配なことの一つがシミです。シミができてしまう原因は、女性ホルモンが大きく変化することによって引き起こされます。

 

妊娠中は妊娠を継続するために女性ホルモンが多くなります。特にエストロゲンが多くなりますが、これは美肌や美髪を保つ働きがあるホルモンです。

 

しかし、出産を終えるとこのエストロゲンは一気に減少してしまい、肌や髪にも大きく影響してきてしまいトラブルを起きやすくなってしまいます。

 

また、もう一つの女性ホルモンであるプロゲステロンはメラニン色素を活発にする女性ホルモンです。これはエストロゲンとは異なり、半年から1年ほどかけて徐々に減っていくという性質があります。その徐々に減っていく過程でメラニン色素の生成を活発にしてシミを作ります。

 

それを防ぐためには、対策をしていく必要があります。
まず簡単に行えるのが紫外線対策です。日焼け止めやファンデーション、帽子や日傘などを使って紫外線のダメージを最小限に抑えてメラニン色素の生成を防ぎます。

 

スキンケアでは、メラニン生成を抑制するトラネキサム酸が配合されている美容液を使っていきます。またプラセンタエキスを使ったものも効果的です。

 

体の内側からのケアとしては、シミやソバカスを抑制するのに効果的なビタミンCをサプリメントで摂取するとシミ対策になります。

関連情報