40代女性の子育て奮闘記

40代女性の子育て

育児と仕事を両立する40代女性

40代女性の子育て

 

仕事と育児の両立はいつの時代においても簡単なことではありません。家計を助けるべく共働きは避けられないが、子育てもしっかりしたいという思いはみんな持っているようです。

 

最近では育児中の女性が働けるようにと、女性に優しい職場づくりをしている企業もあります。また育児・介護休業法が改正されるため、女性労働者が仕事と育児の両立を図れるようにサポートされます。

 

特に40代の女性は育児からある程度手が離れているため、上手にサポートを用いることで育児と仕事の両立をしていくことができます。40代の働く女性は経験を培ってきているので、会社にとっても安心して仕事を任せられる存在になっています。

 

それでも仕事と育児ばかりの生活だとストレスが溜まってしまいます。そこで時々自分にご褒美をあげることや、また心身をリフレッシュできるエクササイズなどを上手に活用することで、ストレスを解消することができます。

 

実際に40代の育児と仕事を両立している女性の多くは、自分でご褒美をあげることで力を得ているようです。

 

 

40代女性の子育て奮闘記

40代女性になり最近特に体の衰えを感じます。高齢出産をして、そのまま子育てをしています。仕事は妊娠を機会に辞めて家事と育児をしていますが、子供が2歳になり毎日振り回されています。

 

公園で走り回ったりする元気な年頃で、それに付き合うのはまだいいのですが、たまに児童館などでの、他のお母さん達と話すと、他のお母さんはおそらく30代程度なのでしょうか、とても若くて話についていけないときがあり、それは少しストレスに感じることもあります。 

 

ですが、ストレスと言っても、特に40代を負い目に感じているわけでもないので、美味しいものを食べるなどして発散しています。結局子供にとってはたった一人の私ですから、年齢は関係ないのだなと過ごしていて感じたりもしています。

 

40代で子育てを始めると、体力が持たないときもありますが、子供のイヤイヤを、軽く受け流す大きな気持ちを持てているのも40代女性だからかなとも思っています。疲れたら子供と一緒に昼寝したりして毎日楽しく乗り切っています。


トップへ戻る