40代独身女性が結婚前に考えたい事

40代独身女性が結婚前に考えたい事

 

40代の独身女性が男性と結婚をする時には、まだ若い年齢で籍を入れるケースとは違い、年齢の事、子供の事、そして親の介護の問題など結婚をする前から慎重に考えたい事や気になる事はいろいろとありますよね。

 

まずは年齢的には出産にリミットがありますから、40代の独身女性と結婚をする場合には、お子さんを授かるかどうかわからないということをパートナーである男性は勿論、相手の親御さんにも理解いただいておくという事が大切です。

 

40代で子供が授かる事ができないのは人間の体の仕組みですから、女性であるご自身には何の非もないのですが、たまに男性の親御さんから子供を授かる事ができないので結婚は許さないなどと、ひどい事を言われたという独身女性の方もおられるようです。

 

このような親御さんは子供に干渉しすぎているようにも思いますが、自分の孫を抱きたいと強い希望を持っている方もおられるので大人の対応が必要かもしれません。

 

結婚前に子供は年齢的に難しいかもしれないが、お互いが愛し合って家庭を築きたいと考えている事を親御さんに先に伝えておくと、トラブルなく円滑にすすめられるのではないでしょうか。

 

40代のカップルというのは、もう充分に成熟をした大人のカップルですから、周囲への気配りなども含め大人の対応やふるまいをするように気を付けたいですね。

40代の独身女性の結婚の形

フランス婚、同棲婚、事実婚などと呼ばれる婚姻制度にとらわれない恋愛や結婚の形も増えてきているようで、40代の独身女性とは言っても、決まったカップルがいるという方、また2回目の結婚をすべきかどうか迷っているという方もおられますよね。

 

40代の独身女性の中には、ずっと同棲をしている彼がいるけれども、籍を入れるとお互いに利害関係や法的な義務などが出てくるので、あえて籍を入れずに二人で住んでいるというカップルもおられるようです。

 

結婚をするとどちらか片方の名字に変えなくてはいけないという事がありますし、財産分与という相続の問題や扶養義務の発生、また前の夫や妻との間に子供がいるため、子供が大きくなるまでは籍を入れないというカップルもいるようです。

 

40代のカップルというと、以前に一度結婚をしていたという方、お子さんがいるという方もおられますから、法律で決められた形にとらわれずに、好きな相手と一緒になるという事実婚の形をとるというのもひとつの方法なのかもしれませんね。

 

キャリアを積んでいる女性やある程度の財産を自分で築いている独身女性は、籍を入れる時と入れない時ではどのようなメリットデメリットがあるかを比べて、パートナーとしっかりと話し合ってお互いが納得できる結婚の形を取りたいですね。


トップへ戻る