独身女性の老後を考える

40代の独身女性の老後を真剣に考える

 

生涯未婚率が男性の場合は2割で女性も1割、つまり10人にひとりが独身女性だというデータがあります。

 

これだけ多くの独身の方がおられるので生涯独身を貫くということも生き方のひとつとして世間でも認知されてきており、老後は誰にも頼らずにグループホームやシェアハウスで仲間と暮らす計画を立てている方もおられるようです。

 

若い世代の中にも、昨今の不況で生活費が不十分なため、知らない誰かと台所やトイレなどを共有して1件の大きな家にみんなで住むというよう、シェアハウスという新しい住まいのあり方が流行しているようです。

 

独身女性などひとりで暮らすには困りはしないけれども、病気をした時など不安になるという場合に、シルバー世代でシェアハウスを実現させているという方もおられるようです。

 

老後に備えて老人ホームに入るだけの貯蓄をしっかり貯めるというのもひとつの方法ですが、老人ホームに入るまではいかないけれども、少し身の回りのこと、生活が不安になってきた老後に、気の合う仲間や友達とシェアハウスで暮らすという選択肢も良いかもしれませんね。

独身女性なら40代から老後を考えよう

40代の独身女性にとっては、定年後の生活についても真剣に考える姿勢が重要です。特に老後も快適に暮らすためには、早めに計画を立てて、積極的に行動する姿勢が大切です。

 

健康を維持することが充実した老後の生活を実現するための基本であり、早めに人間ドックなどを積極的に活用するべきです。十分な体力を老後も維持することで、70歳前後まで仕事をして、生きがいを感じることもできます。

 

また経済的な悩みを解決することが、定年退職後も快適に暮らすための基本です。現在は賃貸マンションに住んでいる人であっても、定年前に住まいを購入して、安心して暮らせる場所を確保するべきです。

 

会社員であれば公的年金の受給金額も多いですが、更に金融資産を3000万円程度準備することで、老後の生活も豊かにすることができます。

 

インデックスファンドなどの投資信託を積み立てることが、十分な金融資産を確保するための基本です。投資について学ぶことで、更に資産を増やすことができます。


トップへ戻る