40代独身女性の仕事観

40代独身女性の仕事観

 

テレビや雑誌、ウェブ記事などでは同世代の40代の独身女性が華やかに活躍をしているのを見て、なんで私はうまくいかないのだろう…と落ち込んだ気分になってしまうことって結構ありますよね。

 

独身の40代の独身女性は、仕事で成果をあげたいという気持ちがあり、上昇志向の強い方も多いですからついつい他人と自分とを比較してしまいがちです。

 

しかし、華やかに活躍しておられるように見える方たちも、見えないところでは辛い思いや、他人には言えない悩みを抱えているという事もありますから、華やかそうな人もいるんだなぁ、と他人は他人と気持ちを切り替えてご自身のキャリアアップを考えていくようにしましょう。

 

会社勤めをしている人は、会社は貴方を一生守ってくれる絶対的なものではありませんから、ご自身の仕事観をしっかりと見つめて、それに沿って人生設計をすすめていくことも大切です。

 

仕事はお金を稼ぐための手段と割り切って時間内だけは精いっぱい打ち込むという方もいれば、生きがいだから寝ている意外の時間はすべて費やしたいという仕事観を持っておられる方もいるでしょう。

 

40代はまだまだ元気で新しい事に挑戦ができる体力とポテンシャルを持ち合わせている年代ですから、独身女性だからこそできる時間の使い方で、家庭に縛られずに、自分らしく他人とは違う仕事観を貫きとおすというのも良いですよね。

40代の独身女性にとっての仕事観は

40代独身女性の仕事観

 

大学を卒業してから働き続けていた人は、40代になれば20年以上も働き続けていることになります。

 

同じ業種で働き続けていれば、それなりの立場に立たせてもらえるようになり、責任の仕事を任されるようになってくるはずです。

 

40代独身で働き続けている独身女性の仕事観としては、今が最も仕事が充実しているころと考えていることでしょう。

 

20代のころには、まだ新人で上司に言われた仕事をこなすだけだったものが、だんだんと仕事量が増えてくるようになり、30代になればある程度自分がやりたいように仕事をさせてもらえるようになってきます。

 

そして40代になった今こそが、自分の考えを採用してもらえたり、リーダー的な立場で仕事をさせてもらえるようになってくる時期なのです。

 

仕事が楽しくなってきていれば、プライベートのことは後回しになってきてしまいますが、結婚に対しても意識をしていないとは言えないでしょう。

 

子供を望むのであれば早い方がいいですし、結婚をするなら相手を見つけなくてはなりません。

 

しかし自分で自立して働いている女性であれば、無理に結婚にこだわる必要はないでしょう。

 

今よりもさらに仕事で力を発揮していきたいのであれば、独身のまま突き進んでもいいからです。

 

仕事をしていくうえでも、さらにキャリアアップを目指すのであれば、今からでも遅くありません。

 

自分の力を理解してくれ、評価してくれる会社を探して、転職を考えるようにしてもいいでしょう。


トップへ戻る