貧困に苦しむ40代に女性達

貧困から脱出したい40代女性

 

貧困に苦しむ40代女性が現状を打破して前に進むためには、正社員の仕事を目指すのがすべての出発点です。正社員であれば毎月の給与に加えて、3か月分程度のボーナスがもらえるために、生活を安定させることができます。

 

現在はパートやアルバイトで働く人が低収入で悩んでいるので、派遣社員として働く方法も効果的です。フルタイムで交通費も支給される仕事もあり、社会保険が完備している求人も紹介してもらえます。

 

更に派遣の仕事を出発点として、将来的には正社員も目指せるので安心です。介護関連や飲食関連の業種は人材が不足気味なので、40代女性の採用にも積極的です。しかも正社員として働けることに加えて、ヘルパーなどの資格取得も目指せます。

 

一方で支出の多さが貧困の原因になるケースも多いために、支出の内容を見直す姿勢も大切です。特に衝動買いをなくしたり外食を減らして自炊をすることが、生活をスリムで健康的にするためのポイントです。

貧困に苦しむ40代に女性達-2

貧困から脱出したい40代女性

 

ワーキングプアと呼ばれる言葉が最近世間でよく使われ始めています。貧困に苦しむ層と言えば、いわゆる無職の若者がこれまで中心でした。

 

しかし、最近は労働条件と雇用環境の悪化によって、40代の女性のワーキングプアが現れてきました。ワーキングプアとは働いているにも関わらず、経済的に困窮する状態を指す言葉です。

 

本来であれば無職の若者より、40代の職を持つ女性の方が経済的に豊かなはずです。しかし、職自体には就いていても、それが中小企業の契約社員や派遣社員だった場合、手取りの実質賃金が非常に少なく、家賃、スマートフォン代、年金や税金、生活費といった基本的な生活の維持に必須なお金を出すだけで、貧困に苦しむ事になります。

 

いわゆるサービス残業や給料無しの休日出勤を強いるブラック企業も昨今目立ってきており、現実問題として学歴や職歴の面でハンディキャップを抱えている40代の女性は真っ先に、そういった劣悪な労働環境を与えられる事が多く、女性本人は賢明に毎日労働に従事しているにも関わらず、経済的には勿論、精神的、体力的にも摩耗する方々が増えつつあります。

関連情報

トップへ戻る