40代女性とこれからの年金について

現実を知る!40代女性の年金について

40代の女性とこれからの年金について

現実を知る!40代女性の年金について

 

40代になると、人生も中盤に差し掛かり30代の頃にはなかったさまざまな悩みが出てきます。年金もそのひとつです。高齢になると、多くの人が収入を年金に頼るようになりますが、超高齢社会となり、今後も続くことを考えると、国民年金だけでは生活は難しいことは想像に難くありません。

 

特に女性の場合、男性よりも一般的に長寿ですので、生活の問題はとても大切です。40代のうちから、老後のことを考慮しておく必要があります。

 

もらえる予定の金額を計算して、足りないと感じる差額分は、今から養老保険などに加入をしておけば、年金にプラスして収入が入り、安心して暮らせます。年金事務所から時折送られてくる「ねんきん特別便」などをチェックして、払い漏れなどを確認しておきましょう。

 

また、最近の保険は高齢化社会を見越したさまざまな商品が販売されていますので、ファイナンシャルプランナーなどに相談をして、人生設計を立てるようにしましょう。

40代の女性が年金の猶予を申請

40代の女性ですが、専門学校に入学したので年金を今までずっと支払ってきたのですが、専門学校の学費の支払いなどもあるので年金の支払いを猶予してもらうことにしました。

 

年金は15000円ほど毎月支払ってきたのですが、40代に入ってから専門学校へ入学してまた、学生に戻ったので仕事もそれを機会に辞めてしまい年金を支払うこともできなくなってしまいました。

 

専門学校の学生である間は学生ということで学費の支払いが優先されるので年金は猶予することにしたのですが、専門学校では対象になっている指定校ではない専門学校も多く見られるのでこればかりは市役所に問い合わせをしてみないとよくわからないことなのです。

 

もしも専門学校が対象の指定校ではない学校だった場合には若年者納付猶予という制度もありますが、私の場合には年齢が30歳未満の女性ではないのでそれに該当することがないので無理です。まずは問い合わせをします。

関連情報

トップへ戻る