40代女性に似合う同窓会の服装

MENU

40代女性に似合う同窓会の服装

40代女性に似合う同窓会の服装

 

40代で開催される同窓会に、どんな服装で行こうかと悩まれる方は多いものです。
学生時代からは数十年経っていて、老けたなんて思われたくないと思うのが普通です。

 

そこで大切なのは、無理に若作りしない、派手すぎない、地味過ぎない、露出しないことを前提として服選びをすることです。
40代という落ち着いた大人の自然な魅力を壊してはいけないということです。

 

無理して若作りをすると、痛々しく見えてしまうこともあるのです。
また、開催される場所によっても着ていく服は変わります。

 

例えばホテルなどきちんとした会場の時は、セミフォーマルが無難です。
アクセサリーも高級感のあるシンプルなものが合います。

 

レストランや居酒屋などカジュアルな場所でも、大人の女性として最低限の気品はキープした方が良いです。
品の良いスカートにジャケットを羽織るとシンプルながら清潔感のある女性らしい服装になります。

 

このように、40代としての常識を持ち合わせて、会場の場所や時間などを考慮して失礼のないような、それでいて自分の良さを引き出せるような服装を選ぶのが良いです。

 

40代女性に似合う同窓会の服装-2

40代女性に似合う同窓会の服装

 

久し振りにクラスメイトと会うことが出来る同窓会では、どんな服装をしたらいいのか悩みどころです。

 

参加する人の年齢がばらばらなら気になりませんが、全員が同じ年だとちょっとした服装の違いで老けているのが一目瞭然だからです。

 

特に40代の女性は年齢的に若い子が好むようなデザインの服からは卒業して、落ち着いたデザインや色合いを好み出す時期なので、どんな服装を選べば綺麗に見せられるのか迷うところでしょう。

 

40代の女性としてまず気を付けたいのは、若作りに走りすぎない点です。
肌にハリがなくなってくる年代なので露出が多い肌は痛々しく見えますし、派手すぎる色合いも悪目立ちする原因となります。

 

ただここで気を付けたいのは、地味すぎる服装も年齢上に老けて見える原因になる点です。

 

黒やグレーといった重たい色をベースにせず、ベージュやネイビーのような軽めの色を持ってきたほうが、年相応の美しさを際立たせることが出来ます。

 

お腹周りが気になる人は胸元にアクセサリーをつけると、視線誘導ができるのでお腹が目立たなくなります。