独身女性に共通した性格とは?

MENU

40代独身女性に共通した性格とは?

40代独身女性に共通した性格とは?

 

敢えて結婚をしない事を選んだ40代独身女性にはいくつか共通した性格があるようです。

 

まずは、仕事ができて自分でお金を多く稼ぐ能力があるので、男に頼らなくても一人で生きていけるような姉御タイプの独身女性です。

 

大学教授や弁護士さんなど、男性以上に仕事ができ、自分で仕事をコントロールし、何かと自分の思うとおりにしたいという支配欲が強いタイプの独身女性は、相手に合わせた生活をするという事が苦手なため、自分より弱い立場の男性に貢いでしまう事や、男性からは俺は必要ないと思われてしまうよう傾向があるようです。

 

そして、否定的な性格の方も、なかなか相手の男性の弱い所や悪い所などが許せなくて、結婚に向かずに独身を貫くという方もおられるようです。

 

理想の男性はいるけれども、なかなかその条件をクリアする人があらわれない、すべての条件を満たしていないと自分の中で「何か違うな…」と思ってしまうのがこのタイプの女性で、理想の人があらわれないなら独身でいいや、とそのまま40代まで来てしまったという方が多いのかもしれませんね。

 

どちらのタイプの性格も男性がいないと生きていけない…というタイプの女性とは真逆で、一人で生きていく能力が強い、仕事に打ち込む生活に向いている40代の女性だとも言えますね。

40代独身女性はその性格を活かそう

40代まで独身女性でいると、結婚しないのは性格に問題があるのではないかなどと周囲からのあらぬ偏見で嫌な事を言われるのは本当につらいですよね。

 

友達も多く性格には問題はなくても、他人である男性とうまく生活をしていくのが難しいという方や、好きな人はいたけれども相手が結婚しているからうまくいかなかったなど、40代であえて独身でいる理由にも様々な事があります。

 

性格など偏見を持たれてしまうという面倒な点もありますが、40代まで独身女性でいると仕事ができれば男性並に責任のあるポジションを任せてもらいやすいというメリットもあるようです。

 

ご家庭がある、お子さんがまだ小さい女性などは、仕事ができたとしてもお子さんが熱を出したなどで仕事に打ち込めないという環境であることが多く、上司もお酒や食事の接待など、仕事にはついて回る業務時間外の仕事を任せられないという事があるからです。

 

40代の独身女性は、シングルである事を活かして、私はフリーですから仕事一本ですよ!とアピールするのも昇進のチャンスになりますから、相手の思い込みなどを逆手に取って利用するのも賢い独身女性の生き方です。