40代の男女の独身率には差がある

MENU

40代の男女の独身率には差がある

40代の男女の独身率には差がある

 

40代の独身率には男性は全国平均で25%、女性は14%と男女で差があり、男女で結婚に対する価値観の違いがあるということを表しているのかもしれません。

 

女性は子供を授かるというリミットがあるため、40代前に結婚に積極的になる方も多いですが、男性の場合には子供を持つのは面倒、経済的に苦しいのに妻子を持つのは厳しいと、男女の体の性質の違いが原因で食い違いのようなものが起きているのではないでしょうか。

 

確かに男性の場合は、60代になってからパパになるという例もあり、年齢を重ねてから若い嫁さんをもらうというのは男の夢とまで言われているぐらいですから、40代の独身率が高くてもまぁそのうち…と気楽に構えている方も多いのかもしれませんね。

 

男性の独身率が高い背景には、他にも農家などお嫁さんに負担が大きくのしかかるようなご家庭には女性が嫁ぎたがらないという事もあるようです。

 

東南アジアなどから出稼ぎで日本人男性と結婚をするという外国人妻と呼ばれる方たちが増えている背景も、このような農家の嫁不足などが原因としてあるようです。

40代女性の独身率は

30代で結婚する人も多いですが、40代になっても結婚していない人はたくさんいます。

 

40代の女性の独身率はどのくらいかというと、13パーセント程度になっていますので、10人に1人くらいは独身と考えていいでしょう。

 

独身でいる理由としては、結婚よりも仕事を選んだという人もいますし、出会いがなかったという人もいます。

 

人生の中では、仕事に打ち込みたい人もいれば、結婚して子供たちに囲まれて過ごすことを選ぶ人もいますが、どちらが正解というわけではありません。

 

自分が幸せだと思う方を選んで歩んでいけばいいのです。

 

これからも独身を貫くのであれば、将来のために貯蓄をしていくようにする必要もあるでしょう。

 

子供を産まない洗濯をした場合には、自分の老後は自分で面倒を見ていくようになりますので、ある程度の貯蓄がなければ、老後に困ることになります。

 

まだまだ老後までは時間があると思っていても、あっという間に時間は過ぎていくようになりますので、40代から考えていくようにしておいた方が心配がありません。

 

独身で過ごしていくのであれば、自分のしたいことをしていくのも充実した人生を送ることが出来ます。

 

習い事を始めてみれば、自分自身を磨いていくことも可能でしょう。

 

英会話を習って仕事に生かしたり、海外旅行の時に生かすこともできます。

 

独身であれば、自分磨きに時間をかけることが出来ますので、どんどん自分を磨いていくようにしてもいいでしょう。