40代の女性ホルモン

MENU

女性とホルモン

女性ホルモンと40代の体調変化

 

女性とホルモンは、きっても切れない深い関係があります。
最近の女性は、年齢に関係なく女性ホルモンのバランスが崩れている人が多くなってきています。

 

女性も男性に負けないくらい社会進出したことにより、ストレスを強く感じるようになったことや、不規則な生活・食の乱れ・ダイエットなどからホルモンバランスが崩れやすい生活を送っています。

 

女性の場合、女性ホルモンのバランスが崩れることで生理痛や頭痛・肩こり・イライラ・のぼせ・うつ・シワなどの美容面の低が起こりやすくなります。

 

意味もなくイライラするようになったらホルモンバランスが崩れていないかという見方も必要になってくると思います。

 

女性は、ホルモンバランスを整えることで健康維持や予防になりますのでプラセンタやアミノ酸などホルモンバランスの改善や予防に効果の高い成分を接種することを心がけるだけでいつまでも健康と美容を維持することができるようになるといえそうです。

40代女性とホルモンの関係

閉経の時期が近づく40代は、女性ホルモンのバランスが崩れて、顔がほてる、めまいがする、肩こりなど様々な更年期障害の症状が出てくる時期でもあります。

 

原因不明の体のだるさ、汗が以上に出る、精神的にイライラするなどの症状が出てくるようであれば、女性ホルモンであるエストロゲンが減少している事が原因かもしれませんから、婦人科などに相談をしてお薬をもらうなど治療をすすめて、快適に生活を送れるようにしたいですね。

 

更年期障害の中でもとくにうつや気分の落ち込みというのは、ご自身の気分がすぐれないというだけではなく、一緒に暮らしている家族が心配をする、仕事の面でも影響が出てしまうという事がありますから、女性の40代という年代は更年期でこのような事があるかもしれないと知っておくこと、また家族に伝えておくというのも大切です。

 

ホルモンが減少すると女性全員の体調が悪くなるというわけではなく、40代でも50代でもまったく症状が出ないという方もおられ、症状の大きさにも個人差があります。

 

ご自身で予防ができる大豆イソフラボンの接種や規則正しい生活を送るというのも有効ですが、心配な点は健康診断の時などに主治医や婦人科医に相談をし、早めに解決できるようにしたいですね。