女性の自然な生理的現象である更年期障害

MENU

40代の更年期障害の症状は

早期で焦る40代の更年期障害

 

更年期は、卵巣機能が衰えはじめ、女性ホルモンのバランスが乱れ、閉経を迎える前後の期間です。
個人差がありますが、閉経年齢は、平均だいたい50歳前後なので、40代半ばから50代前半位の年齢の方に多いとされています。

 

更年期障害の症状は、ほてり、めまい、頭痛、動悸息切れなどです。
たまに30代後半から40代前半、早い時期に更年期障害のような症状が出るプレ更年期も増えてきています。
まさに体の変わり目世代です。

 

ストレスによる、自律神経失調症であることが多く、体と心にさまざまな不調が起こります。
この場合、不規則な生活や食事などで、ホルモンバランスが乱れていることも原因です。

 

まずは自分の生活の見直しをしましょう。そして、体が成熟してゆく時期として受け止め、前向きにとらえる気持ちも必要です。

 

身体に不調を感じた時、気軽に相談できる婦人科医をもつことも大事です。
検診などをきっかけに自分の体のことを知るきっかけにもなるでしょう。

女性の自然な生理的現象である更年期障害

更年期障害は、多くの女性が経験する事です。
個人差はありますが、大体40代前後から始まり、閉経をはさみおよそ10年間更年期という時期を迎えます。

 

更年期は、いわゆる老化の始まりと言えます。

 

女性の場合、今まで煩わしく思っていた月経に変化が起こり、周期や期間などが狂う又は、更年期出血という月経異常が起こります。

 

体調の変化も起こり、動悸や肩こり、頭痛、不眠、イライラする、大量の汗が出るなどがあります。

 

この更年期障害といわれる状態は、本人にしか辛さが分からないもので、更年期障害が軽い人や重い人もいます。

 

この時期は、なるべく家庭や生活に余裕のある過ごし方をするように心掛けるのが一番で、気分転換やストレスを溜めないように明るく生活することです。

 

女性にとって生理が始まる時も終わる時も、気分的に何か思うものがあります。

 

閉経を受け止める気持ちも大切なことで、自然な生理現象ですので、明るく楽しく過ごす努力をし、前向きに気持ちに余裕を持つことが大切です。