40代女性の加齢臭。体臭を少しでも改善させよう

MENU

40代女性の体臭を少しでも改善させよう

40代女性はそろそろ加齢臭に注意

 

年をとると体臭がきつくなったり、臭いが変化してきたりする。
このような加齢によって体臭が変化する事を、加齢臭と呼んでいる。

 

どうしてこのような事が起こるかと言うと、皮脂に含まれる脂肪酸がもとで酸化分解してできるノネナールという物質が、年齢と共に増加する事が原因である。

 

男女とも、40代女性や男性位になると増え始めると言われている。
対策としては、抗酸化、抗菌薬剤、機能性香料を配合した加齢臭ケア製品を使うことが効果的である。

 

加齢臭については、現在、通販サイトなどでも加齢臭を無くすためのサプリメント等が販売されている。

 

女性は特に臭いに敏感であり、他人に自分の臭いがどのように感じられているのかも気になる人が多い。そのため、このような症状で困っている人には、サプリ等で体内から臭いを変化させるのもいい手段であるためオススメである。

 

また、このような体臭の人には、自分自身の臭いに気付かない人が多く、40代女性でもデリケートな人が多いため、やんわり伝える事もいいだろう。

40代女性でも気になる加齢臭

男性は30代後半ごろになってくると、髪が脂っぽくなり体臭がきつくなるなど加齢臭が気になる方が増えますが、女性の場合も同じように運動不足の方、野菜が少ないなど栄養バランスがとれていない方などの場合は、早い人は40代から加齢臭のにおいが気になってきます。

 

この加齢臭のつらいところは、ご自身ではなかなかにおいに気が付かないという事で、いつも一緒にいる同僚や友達の中には気づいていても、本人に指摘をすると傷つくのではないかと黙っているというケースもあるようです。

 

40代女性の中には、仕事でも責任の重いポジションを任されてストレスが多い方、また運度をしないため普段まったく汗をかかないという方もおられるかもしれません。

 

これらの事が原因となって、においを発生させる汗をかいてしまう事がありますから、定期的に汗を流す、におい対策のデオドラントを取り入れる、また野菜を積極的にとるなど、早いうちからの加齢臭対策は大切になってきます。

 

最近の40代の女性は、見た目が華やかで若々しいという方も多いですが、そんな美しさも加齢臭があると台無しになってしまいますからニオイケアは常に意識をして取り入れるようにしたいですね。