大人になって気づいた40代女性の体の悩み

大人になって気づいた40代女性のお肌の悩み

大人になって気づいた40代女性の肌の悩み

大人になって気づいた40代女性のお肌の悩み

 

表皮のハリを若い頃のように保つには、真皮層に存在しているエラスチンという弾力繊維とコラーゲンが潤沢である必要があります。

 

しかし、女性が40代に突入するとこれまでは穏やかであった肌細胞の老化が急速に進んでいくため、エラスチンという弾力繊維とコラーゲンは著しく減ってしまいます。

 

その結果、いつまでも美しくいたいという願いとは裏腹に、40代になると女性はハリを失うのと合わせて、濃くて太いシワも気がかりになるという悩みを強く抱えます。

 

尚且つ、人体の表皮というのはハリが失われてしまうと外的刺激から総合的に弱くなってしまうため、さほど強くない太陽光の下で短時間過ごしただけでもシミが生じてしまいます。

 

このように40代の女性は肌のハリが失われる事が起因となりあらゆる悪循環が生じる年齢であるため、正しくケアを施さなければ実年齢よりも老けて見られるようになります。

 

また、40代になると消化器系の働きも低下するため以前よりも食事量が減少するのですが、食事量が減少しているのにも関わらず太りやすくなるという悩みを抱えるのも特徴的です。

 

その理由は女性ホルモンと基礎代謝量の減少が原因であり、女性ホルモンが減少する事によって体脂肪を蓄積させようという作用が強まる上に、基礎代謝量が落ちる事で摂取カロリーが消費カロリーを上回り続け肥満体型に悩まされます。



トップへ戻る