40代の女性の健康的な身体づくり

MENU

40代女性のからだ

40代の女性の理想的なからだ

 

40代女性のからだは、20代30代の女性のからだとは全く違う特徴がみられます。

 

40代女性のからだは、ホルモンの分泌が減っていきますので生理周期が狂いがちになってきます。
月経の量も少なくなってくるので自分でも気が付くと思います。

 

無排卵も多くなり閉経に近くなる年代に突入していきます。

 

閉経が近くなるにつれて更年期障害が始まります。
45歳くらいから更年期障害になる40代女性が多いといわれていますが、最近では若年更年期障害の人もとても増えてきていますので、
40代になってすぐに更年期障害で体調不良になる女性も増えてきています。

 

40代女性のからだの変化としては、冷えやのぼせ・うつ・イライラ・などさまざまな症状があらわれてきます。

 

更年期障害の症状は、軽い人もあれば重い人もあり実際に経験してみないと程度はわかりません。

 

ホルモンバランスが崩れることで体調を崩しやすくなりますので、ホルモンバランスを整えることをここがけることで更年期障害も比較的楽になるといわれています。

美しい40代女性の身体

今話題になっている40代の女性って若くてキレイな方が多くいらっしゃいます。
しかし、彼女たちのからだはどうなっているのでしょうか?

 

外見は20代?とも見間違えるほどとてもキレイで若く見える方も多くいらっしゃいます。
しかし、からだの内面は20代と比べますと老化しているというのです。

 

特に女性ホルモンの減少による妊娠力の低下が大きいのです。
妊娠の基本となる子宮や女性ホルモン・卵巣の働きは30後半を過ぎたあたりから低下をはじめるのです。
その後40代になると急激に低下し、からだの中は老化を始めるのです。

 

とはいえ、40代の方でも30代のような若い卵巣機能の人もいらっしゃいますので年齢が全てというわけではございません。
日々の生活習慣、喫煙、無理やダイエットにより若い頃からからだの内面の老化を早めてしまうというケースもございます。

 

からだの内面・外見共に若くいるためにも日々の生活習慣がとても大事なことだといえましょう。