40代女性の理想的な体脂肪率

MENU

美しい40代女性の理想的な体脂肪率は

美しい40代女性の理想的な体脂肪率は

 

年齢を重ねていくと、さまざまな身体の悩みが出てきます。特に女性にとっては、いつまでも若々しく美しくありたいと言うことから、美容に関する悩みは多くなっていきます。

 

年々増加していくシワやたるみ、そして落ちにくくなっていく脂肪などが一番多い悩みです。そこで、体型を維持していくことがこのような悩みを解消していくのに有効な手段のひとつになります。

 

悩みが増えはじめる40代の女性にとって、理想的な体脂肪率とは、およそ20〜30%前後だと言われています。これ以上脂肪がある場合は、体型を崩してしまうだけではなく、さまざまな健康被害が生じる恐れもあります。

 

そのため、理想の体型でもあると同時に健康を維持することにも繋がるのです。では、どうしたらこの体脂肪率を保って行けるのでしょうか。大切なのは、栄養バランスの取れたヘルシーな食生活と、適度な運動です。

 

今、海外では日本食が人気となっていますが、もともとあった日本の食文化は、非常に栄養バランスが良く、健康を維持するのに適した食事でした。

 

しかし、現在ではカロリーが多く栄養が少ない食事が多くなっています。また飽食の時代と言われるように、過食ぎみでもあります。今一度、自分の食生活を見直してみましょう。

 

また、適度な運動は、体型を維持する上でとても大切です。筋肉量がないと、脂肪が燃焼されずについていく一方になってしまいます。ですので、運動不足の方は軽いストレッチやウォーキングなどからはじめて、有酸素運動により基礎代謝をあげていく努力をしましょう。

 

注意したいのは、脂肪を無くしすぎても、月経不順などの影響を引き起こす可能性があるので、過度なダイエットなどは禁物です。

健康的な40代女性の体脂肪率は

女性の体脂肪率と一口にいっても適正とされる体脂肪率は年代により変化します。20代や30代といった若い頃より40代になると体脂肪率があがってきても健康でいることができると言われています。

 

年齢があがるにつれ、筋肉量が減少しやすくなり、そのために体重が変わらなくても脂肪の量が増えるようになります。本来女性は男性に比べて、内臓脂肪より皮下脂肪が増える傾向にあることから、少しの脂肪が多くなっても健康に障害が及ぶようなことにもなりません。

 

しかし、見た目の変化があまり感じない場合でも、代謝が落ちてきたりするので、健康のために脂肪量を気にするだけでなく、筋肉をつけるようにすることが大切になります。

 

そのためには40代の女性の生活は食事に気をつけるとともに、運動をすることがすすめられます。若い頃と同じような食事を摂り続けていると体質が変化してきていることもあり、体脂肪率が増えてきます。

 

40代の女性の体脂肪率の目安は約22%から35%と言われています。無理なダイエットではなく、運動をして代謝をあげるようにして理想の値を保ちたいものです。